もうすぐ桜の季節がやってくる。
日本人ならば、なんだかウキウキしてしまうのではないだろうか。
私は毎年、花見へ家族と、友人と出かけます。

私の住んでいる地域では、桜とチューリップ、菜の花が一緒に見ることができ、
一面花、花、花になります。

朝日を浴びた桜も綺麗ですが、
月夜の夜桜も綺麗です。

友人と花見の場合は花より団子になるのですが、
毎年、テーマを決めています。
イタリアンを食しながらの花見や、
公園で子供たちとピクニックをしながらの花見。
河川敷で、すき焼きをしながらの花見。
毎年、今年はどんな花見をしようかと考えるのもワクワクする原因です。

桜の花も、その年その年で色が違って見え、
その年ごとの色にさえ思えてきます。

そんな桜の木も、管理が大変だそうで、
樹医不足で、病気になって朽ちてしまう木もあるんだとか・・・

普段何気なく、眺めている桜の木も誰かが、
綺麗に花が咲くように手入れをしていると思うと、
春の色も違って見えてきます。
綺麗だなと感じることは幸せな事です。
もうすぐその幸せを感じる事ができるので楽しみです。
往診 横浜